×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

HOME > 特集 > 日本遺産 & 世界遺産 > 日本初のユネスコ世界遺産:白神山地・十二湖

特集

世界遺産

日本地図を見ると、青森の海沿いに位置する深浦、そして白神山地は日本国内で最も隔離された地域のひとつと思うことだろう。唯一国道101号線が繋がるこの地域では人口8,800人が、東をアジア最大のブナ林である白神山地、そして西を輝く日本海に囲まれて暮らしている。1993年に、原生的なブナ林が残る最後の地として、日本で初めてユネスコ世界遺産に登録された。

日本初のユネスコ世界遺産:白神山地・十二湖


白神山地の奥に眠る十二湖を訪れると、その隔離された立地にも関わらず、美しい自然を求めてハイキングを楽しむ人々、そして観光客が多く訪れていることに驚くだろう。

十二湖の中でも中心的な湖が「青池」の名で知られる鮮明な青色をした湖である。森の中を少し進めば、深いサファイアブルーの湖面に魅了されたカップルたちの姿が。恋人たちがロマンチックな時間を過ごすために作られたのではないかと錯覚を覚えるほどの情景は不自然なくらいに美しい。

山道の近くにあるのは森の物産館キョロロ。青森の様々な名産品が売られていて、りんごを使ったスイーツやお菓子を数多く取り揃えている(りんごは青森県一の生産品)。甘みが強く、フルーティーな味わいが人気の福浦の名産品「雪人参」も売られている(青森県は世界でも有数の積雪量を誇ることから「雪人参」と名付けられた)。

青池からさらに森の中を少し進むと、「日本キャニオン」が見えてくる。グランドキャニオンのそれとは違い、峡谷はそれほど大きくはないが実に機知に富んだ名前である。十二湖の池々を繋ぐ山道を歩きながら、群葉に囲まれた茶色や灰色のカラフルな岩々を目に焼き付けてみてほしい。

ブナ林でのトレッキング·暗門の滝


白神山地を存分に楽しむなら、インディー・ジョーンズの映画のような景色の中で、三箇所の暗門の滝を求めてのトレッキングがオススメだ。

森の中心部にあるアクアグリーンビレッジANMONからは、三つの大滝を囲む崖を経験豊富なガイドと登ったり腰丈にもなる川を進んだり。足元に転がるブナの木の実は山に住むクマたちの大好物だ。

決して難しいコースではないが、気を緩めてはいけない。地下足袋(足指が分かれた靴。川に足を入れたらすぐに水浸しになる)を履きながら水中を進み、50メートルの落差のある場所を登らなければならない。

曲がり角に近づくたびに、手を叩いてクマたちに自分たちの存在を伝え警告する。目にする崖全てや川の中にクマが潜んでいると思うとアドレナリンが大量に分泌される(クマと出会ってもガイドがクマ撃退スプレーを用意しているので安心)。クマとの遭遇は滅多にないが、道中早々、動物にかじられた形跡を見るとその存在を意識せずにはいられない。

三つある滝の長さは滝壺から短い順に26メートル、27メートル、そして42メートルと続く。溢れる水を駆け抜けて岩の上へと移動すること一時間半、一番の高さを誇る滝の上に到達し、体中の汗を冷たい霧が洗い流してくれる。

この地を訪れるメインの理由は、人の影響をほとんど受けていない原生的なブナ天然林である。氷河期後8,000年もの間この地に繁栄し続けるブナの木々達は、理想的な気候によって今日に至るまでそびえ立ち続けている。1993年に、国内最古のブナ原生林として日本で最初のユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録された。

深浦マグロステーキ丼・匠屋


国道101号を横目に、広がる海沿いにある匠屋は、深浦名物マグロステーキを提供する地元七軒のうち一つの食事処。

1,500円とリーズナブルな価格でマグロステーキを三種類の味で楽しむことができる(醤油・辛味噌・オリジナルソース)。わさび、大根、そして魚フレークが美しく盛り付けられたご飯と一緒に食べればさらなる味の広がりを楽しむことができる。

深浦ではマグロとその調理方法に誇りを持っている。メニューの裏面にはトロの起源に関しての説明と出典元、そしてマグロの健康効果について知ることができる。

五所川原立佞武多・日本一の高さを誇る山車


NASAのロケット組立棟のようなサイズと規模を誇る巨大な山車が街の中心部を闊歩すること以外では、五所川原の街は一見どこにでもあるような日本の田舎町だ。

立佞武多には日本国内でも最も印象が強い装飾が施されている(三つの印象的な装飾と言うべきか)。23メートルの高さがあり、花火大会を彷彿とさせるその明るさを前に、人々は立佞武多の存在感に圧倒される。

青森県はねぷたと呼ばれる伝統民話に登場する恐ろしい見た目をした侍やライオン、そして龍をモチーフにした山車が非常に有名である。ねぷたはかつてから農民、地主、そして商人にとっての力と富の象徴であったが、火災が続いたために20世紀中盤に消えてしまう。しかし、1993年に立佞武多のデザイン性が見直され、一年に一回行われるこの祭りは再び五所川原の重要文化として蘇ることとなった。

青森で最も名を知られている犬・わさお


白神山地と五所川原をつなぐ国道101号沿いに日本で最も有名な犬、わさおが暮らしている。体が大きく、非常に愛くるしい秋田犬のわさおは、毛質が非常にふわふわしており、2008年に全国に名を轟かせて以来、様々な映画やテレビ番組に取り上げられている。

わさおは子犬の時に捨てられ、鯵ヶ沢でいか焼きの店を営む女性に助けられ育てられた。2008年に旅行ブロガーがわさおを発見し、わさおに関しての記事を書いたことにより、その名は全国に届くこととなった。後にわさおは世界遺産特別活動大使として日本ユネスコ協会に任命された。今日のわさおは1日のほとんどを飼い主のトラックで過ごすか、飴やカレンダー、インスタントラーメンなどのグッズや写真と記念品に溢れた、いか焼き屋台の横で過ごしている。

アクセス


公共交通機関が限られているため、この地域を訪れる際はレンタカーの利用をおすすめする。国道101号は海岸線沿いにそって続いており、県道28号(通称:白神ライン)から暗門の滝へと行くことができる。夏の時期は県道28号の利用が可能だが、11月から5月中旬までの冬季には閉鎖される。

五能線を利用すれば、秋田と弘前間の海岸線に沿って電車での移動が可能で、地域全域を見るにはもってこいの移動手段である。美しい海の景色も評判である。

弘南バスでは弘前と暗門の滝へのアクセスが可能だ。6月中旬から11月初旬にかけて1日三回運行している。

記事で紹介した観光情報

暗門の滝

立佞武多の館

見どころいろいろ

日本初のユネスコ世界遺産:白神山地・十二湖

平泉 - 仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業