×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

ここから始まる東北の旅

白神山地

見どころいろいろ

白神山地

白神山地の夏

深浦のマグロ

白神山地:時を超えるブナの森

記事で紹介した観光情報

白神山地は1993年にユネスコの世界自然遺産に登録

日本で初めてユネスコ世界自然遺産に登録されたブナの原生林

ここが日本で初めてユネスコの世界自然遺産に登録されたのは、人為の影響をほとんど受けていないブナの原生林があるからだ。規模は世界最大級。地球上のブナ林の多くは氷河期の気候変動で失われたが、日本では影響が少なかったことやこの地のブナが環境順応性に優れたこと、降雪のおかげなどで奇跡が起きた。その広大さ、山塊、急流、滝、渓谷が続く複雑な地形と景観、動植物の多様性など、その価値は筆舌に尽くし難く、魅力を知るほど人知が及ばぬ自然の大きさを痛感させられる。

白神山地の世界遺産地域は保護の必要性に合わせ、核心地域と緩衝地域に区分される。核心地域では貴重な自然環境を受け継ぐためルートの整備は行われていない。青森県側の核心地域へは指定ルートを利用し入山できるが入山手続きが必要になる。みずみずしい森へのトレッキングは、時空を超え原始の地球へ旅するようなものかもしれない。しかしそれには綿密な登山計画と適切な判断が求められることをお忘れなく。そうした準備の先では貴重な動植物との出会いが待っているかもしれない。

二ッ森からの息を呑むような眺め

樹齢何百年を経たブナの木を見上げる

トレッキングコースが幾つもあり、ビギナーから経験豊富なハイカーまで楽しめる

3つの滝からなる暗門滝のひとつ

岩木川の渓流に沿い暗門の滝まで涼しいブナの森を進む。約3kmと距離も比較的短く、時間も1時間ちょっとのトレッキングコースは夏がオンシーズン。暗門滝は3つの滝からなり、下流から第三の滝、第二の滝、第一の滝と数える。上流に行くほど道は険しくなるが、同時に滝の眺めもダイナミックになり、歩くほど身も心も清らかになっていく感覚が味わえる。

白神山地をめぐるルートで最もチャレンジングなのが、十二湖から白神岳の頂上を目指す8時間の登山コースだ。激しいアップダウンが続く長丁場の尾根道をたどるルートは、経験豊富なハイカー向けと言える。ふもとの青池は、時間によって水面の色が青から緑へ変化するミステリアスな趣で人気が高い。

白神山地でも人気の高いスポットの青池も見逃せない

交通アクセス:

東京から東北新幹線で新青森駅経由、奥羽本線・弘前駅まで約3時間30分。バスに乗り換え白神山地ビジターセンターまで約55分。

Copyright (C) 日本政府観光局(JNTO) 白神山地ビジターセンター

記事で紹介した観光情報