×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

ここから始まる東北の旅

村上

見どころいろいろ

鮭の来る城下町・村上

鮭の来る城下町・村上

記事で紹介した観光情報

江戸時代の武家屋敷もそのままの姿で残っている

海と清流が育てた鮭を、伝統の食文化で味わいつくす

鮭といえば世界中のスーパーマーケットで見かける魚だが、鮭を抜きにまちの歴史文化を語ることができないのが村上市だ。このまちの鮭漁の歴史は古く、平安時代には三面川の鮭が京都の王侯貴族に献上されてきたという。ここでは長い歴史の中でさまざまな料理法が生み出された。その数100種類以上とされ、頭から尻尾まで余すところなく味わい尽くす。そこには豊かな恵みをもたらす自然への感謝が現れているといえるが、そうした自然環境の豊かさを示すように、周辺には瀬波海岸や奇岩が美しいことで知られる笹川流れなど景勝地も多い。

青い海と奇岩の自然美に目を奪われる「笹川流れ」

村上の冬の風物詩 「鮭の寒風乾し」

三面川の源流は山形県との間にまたがる朝日連峰だ。ブナの原生林はミネラル分豊富な水を運び、鮭を育てる。また河口付近のタブノキ林は遡上する鮭を守るのだという。村上の鮭はこうした奇跡で生まれるのだ。村上では日本海からの寒風が冷たく感じられる毎年10月になると伝統的な漁法による漁が始まる。12月までのわずか3ヶ月で水揚げされる鮭は約5万匹。それらは町屋の軒先にずらりと吊り下げられる。鮭に塩を擦り込み、村上独特の寒風にさらすことで旨味を凝縮させるのだ。

この地方では鮭のことを「イヨボヤ」と呼ぶ。「イヨボヤ会館」と呼ばれる日本初の鮭の資料館では、鮭の歴史と生態を詳しく知ることもできる。

古い町並みの散策を楽しんだ後は、鮭づくしの料理を楽しみたい。酒処の新潟県内でも銘酒と名高い地酒「〆張鶴」と共に、味わってみてはいかがだろう。

交通アクセス:

東京から上越新幹線・新潟駅経由で、村上駅まで約3時間

記事で紹介した観光情報

鮭 / イヨボヤ会館

町屋造りの街並み

笹川流れ