×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

ここから始まる東北の旅

気仙沼

見どころいろいろ

気仙沼で三陸シーフード

三陸鉄道で冬を楽しむ

三陸の海をそのまま味わう

安波山より見た気仙沼市

サメ、ホヤ、マンボウ。他では会えない海の幸を

気仙沼は三陸の玄関口であり拠点都市。世界有数の漁港があり、ここを出港した船は世界中の海を目指す。人気のマグロをはじめ、カツオ、サンマなどが有名だが、ここでしか出会えない珍しい魚もある。初めての味には抵抗もあろうがぜひトライしてほしい。美味しさには文化や風土の魅力も隠れているはずだ。

ホヤ

ホヤは三陸海岸を代表する海の幸

不思議な外見のホヤは、殻を割って内部の身を食べる

ホヤは海のパイナップルとも呼ぶそうだ。なるほど姿形は似ている。味はどうか。もちろんパイナップルのような酸味はないが、その代わり海の香りが口いっぱいに広がる。身はジューシーでとれたてのフルーツのようだが味は複雑。塩気と甘みと独特の苦味はほかに例えようもない。

ちなみに漁師に聞くと、ホヤで一番美味しいのはホヤの根近くの身で、“へそ”と呼ぶそうだが、その色と柔らかな食感、甘みは桃のようでもある。その味にハマるか、受け付けないか、まさにオールオアナッシング。三陸の海そのものが凝縮された味だ。

サメの心臓(モウカの星)

サメといってもジョーズではない。気仙沼では中華料理の高級食材・フカヒレの原料となるモウカザメの水揚げが日本一で、古くから香港などへ輸出されてきた。ヒレは珍重されるが、身はアンモニア臭がきつく食用には向かない。そこで地元の人々が目をつけたのは、なんと心臓である。薄くスライスしてにんにく醤油などで食べる。適度な歯ごたえがありいい感じ。味は驚くほどさっぱりして魚臭さなどみじんもない。もちろん新鮮なものが手に入る、ここだけの珍味。ノミの心臓の持ち主にはおすすめしないけど、一度試してみてはいかが?

サメの心臓は宮城県ならではの味。心臓が弱いひとには無理?

マンボウの刺身

マンボウといえば水族館で悠々と泳いでいるのが相場で、魚市場で見掛けることは稀だろう。しかし、気仙沼周辺ではマンボウも土地の伝統の食材として親しまれている。白身で淡白な味わいの刺身には酢みそを添え、「こわだ」と呼ばれるマンボウの腸は、湯がいたものをシコシコとした歯ざわりを楽しみながら食す。三陸の夏場の珍味である。

交通アクセス:

東京から東北新幹線で一関駅経由、大船渡線・気仙沼駅まで約4時間5分

記事で紹介した観光情報

No Items