×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

HOME > ここから始まる東北の旅 > 角館・田沢湖

ここから始まる東北の旅

角館・田沢湖

見どころいろいろ

秋田温泉

角館の武家屋敷

秋田で東北を味わう

いのちが求める湯

記事で紹介した観光情報

日本を代表する秘湯は、胎内の安らぎ

乳頭温泉郷

岩手との県境の山深くにあり、田沢湖からも距離がある。にぎやかな温泉街や高級な食があるわけでもない。そんな不便で寂れた温泉地がこれほど人気なのは、効能の高さ以上に人を惹きつける安らぎと癒しがあるからだろう。もっと言えば、理屈ではなくいのちがそれを求めるのかもしれない。乳頭温泉郷は7つの宿から成りそれぞれに趣や泉質や効能が異なる。過去の世界を訪れたかのような、 母の胎内へ還ったかのような安らぎにぜひ触れてほしい。

妙の湯

「金の湯」「銀の湯」と名付けられた2種類の温泉に7つの湯舟を備え、女性に人気の高い温泉旅館。白壁に木の梁が印象的な外観に、すっきりとした和モダンのインテリアでまとめられた客室が心地よい。爽やかな渓流のほとりに建ち、勢いよく流れ落ちる滝の眺めに心身がリフレッシュすること間違いなしだ。

鶴の湯温泉

乳頭温泉郷のなかでも最も古い温泉宿で、江戸時代の名残を今に伝える茅葺き屋根の本館はかつて秋田藩の本陣だった建物。露天風呂に浸かりながら、真っ白な雪に覆われた眺めを心ゆくまで楽しみたい。湯は美肌効果があるとされ、湯治客だけでなく女性にも人気が高い。

蟹場温泉

森と渓流を分け入ったところにあり、最も秘湯らしい雰囲気がある温泉。名前の由来は、露天風呂が設けられた沢に蟹がたくさん生息していたからというが、温泉の中にまで入ってくることはないので安心を。思わず息をひそめてしまいそうなほど閑静な山々に包まれた瑠璃色の湯は、日常の些細な出来事も溶かしてしまうほど温かく、安らぎは深い。


とってもおトク!
乳頭温泉組合「湯めぐり帳」

乳頭温泉郷の7つの旅館の入浴と旅館間の往復の交通がセットになったチケット
料金:1,500円(1年間有効)
※ 入浴は旅館1ヶ所につき1回まで
※ 各旅館のフロントで販売

交通アクセス:

東京から秋田新幹線で田沢湖駅経由、羽後交通バスで乳頭温泉まで約2時間50分

記事で紹介した観光情報

妙乃湯

鶴の湯温泉

蟹場温泉