×

この観光をDeep North Japan Conciergeのマイプランに登録しました

HOME > 特集 > 日本遺産 > 政宗が育んだ"伊達"な文化

特集

日本遺産

高台にある仙台城跡には、仙台市を見下ろす伊達政宗の銅像がある。

政宗が育んだ"伊達"な文化


青葉城城址の一角で、片目に眼帯をし、黄金の三日月がついた兜をかぶって馬にまたがり、仙台市街を見下ろす侍の像がある。これはただの侍ではない。仙台の基礎を築いた、東北最大の大名、伊達政宗(1567-1636)だ。マンガやテレビドラマそしてゲームまで、彼は現代でも日本を代表する歴史的なヒーローのひとりのなのだ。彼の、戦い、裏切り、復讐、サバイバルの伝説は全ての人たちのイマジネーションをかき立てる。しかし、かれがどれだけ大きな影響を東北の文化に与えたかを知る人は少ない。2016年、「政宗の伊達文化」は日本遺産として、世界に紹介されることになった。この華麗で美しい伊達の文化にふれることなく、東北地方を旅するなんて考えられない。

ただの武将ではない


政宗が誕生したとき、日本は戦国時代(1467-1590)と呼ばれる内乱の時代。彼は幼少期に疱瘡にかかり片目を失ったため“独眼龍”という名で呼ばれ、冷静で野心的な武将として急速に頭角をあらわした。1604年、天下統一を成し遂げた徳川家康は、忠誠心を得るために仙台地方を領地として与え、伊達家は最も強力な大名となった。

恐れられる武将であった一方で、政宗は教養ある人であり、芸術の保護者でもあり、地域の豊かな文化や、古代まで遡ることができる歴史への関心を引き出したのだ。仙台を京都・大阪地域に匹敵する場所にしたいと考え、貿易の拡大と街の整備に努めました。日本の遠隔地であった東北は、まもなく観光、貿易、繁栄のための人気のある地方となった。政宗は伝統を継承する一方で、外国人やその技術と知識を受け入れる必要があるという見識も持っていた。彼は積極的に外国人を招くだけでなく、「サン・ファン・バウティスタ号」という西洋式の船を建造しローマ法王との会見に差し向けた。航海の途中、フィリピン、スペイン、メキシコへも立ち寄った。

また政宗は、とてもグルメで将軍を江戸の仙台藩屋敷に接待した時、「皿数の多いのは無用。名物や珍味よりも、例え一品でも自ら料理して盛るならば、 それが最大の御馳走である」という料理哲学を持っていました。豪勢な献立をすべて政宗公が考案し、味見し、自ら膳を運ぶという接待ぶりは、茶道や能を心得た歌人として美意識を誇示し、武将としてよりも齢を重ねた教養人としての 自己表現だった。

政宗の人文教養及び彼が行った政策が伊達文化の誕生に寄与し、広く城下に広がり、次第に東北地方に広がっていったのだ。しかし、その「伊達の文化」とはいったい何んだろうか それは伝統の豊かさを尊重し、新しいものを受け入れる豊饒な文化である。控えめであるにもかかわらず、最高の美しさと完成度を持っている。日本の北のワンダーランド・東北を旅するとき、知らず知らずのうちに気づくだろう。伝統工芸や料理、そしてその生き方を通じて、東北地方の人々の生活の中に、それが生き続けていることに。

政宗が育んだ"伊達"な文化 http://datebunka.jp/


政宗ゆかりの地を訪れる


仙台城跡
1603年伊達政宗は初代の仙台藩主になった後、仙台平野を見下ろす青葉山に仙台城を建築した。現在では石垣が残るだけだが、今も仙台市のシンボルとなっている。

仙台市博物館
時間:午前9時~午後4時45分(最後の午後4時15分)
休館日:月曜日、祝日の次の日、12月28日~1月4日.2018年12月28日~2018年3月31日まで改装工事が行われます。
入場料:460円

瑞鳳殿
時間:午前9時~午後4時30分(12月~1月4pmまで)
入場料:550円

今日の伊達文化を楽しむ


仙台箪笥 仙台の至宝

箪笥は、もともと商人や侍の移動することができる家具で、個人的なアイテムを保管していた。桐の木から作られ、それぞれの箪笥は、錦織漆で仕上げられ、龍、獅子、牡丹などの金具が施されている。 80歳の八重樫榮吉さんは、仙台で最も尊敬されている金具製作に携わる箪笥職人の一人だ。伝統工芸を継承する4代目として、彼は伊達文化の真の美しさに迫るべく、素晴らしい芸術作品を創り出している。

箪笥を飾るのは、いろいろな形状の金具です。

八重樫栄吉は有名な箪笥の金具職人です。
伝統的な仙台箪笥は、かつては商人や侍が個人ものを収納する家具でした。

鍾景閣 政宗の美学を継承する食文化

明治維新1867年を機に領地を譲り渡した後、移り住んだ伊達家の旧邸宅、二階建ての木造建築の屋敷は、今や特別な場面に利用される人気のレストランだ。美しい日本庭園を見下ろしながら、魅力的な仙台箪笥日本式のチェストのミニュチュアに盛り付けられた郷土料理を楽むことができる。もう一つ注目すべきは、伊達家の象徴的な黒い鎧と黄金の三日月を冠した兜を含む、工芸品と家宝が展示されていることだ。

鍾景閣は旧伊達伯爵邸です。

鐘景閣 住所:仙台市太白区茂庭字人来田西143-3

記事で紹介した観光情報

仙台市博物館

旧伊達邸鍾景閣

見どころいろいろ

政宗が育んだ"伊達"な文化

未来を拓いた「一本の水路」

三十三観音巡礼

自然と信仰が息づく『生まれかわりの旅』